当社の常勤上級顧問に徐 鼎昌(ジョ ディン・チャン)氏が就任

当社の常勤上級顧問に、徐 鼎昌 氏(台湾 外交部 アジア太平洋局 前副参事官)が就任しましたのでお知らせします。

■略歴

氏名:徐 鼎昌(ジョ ディン・チャン、Joe Ting-Chang HSU)
国籍:台湾

■専門分野:

気候変動、エネルギー関連問題(原子力を含む)、サイバーセキュリティ、防災、漁業交渉、国際海洋法、安全保障(ミサイル防衛、防衛装備)、自由貿易、國際医療協力

■経歴:

  • 1995 台湾 上級外交官試験に合格し、外交部(外務省に相当)に勤務
  • 1996〜1999 台湾 外交部 アジア太平洋局 事務官(担当業務:日本、インドネシア業務)
  • 2000〜2003 日本 台北駐日経済文化代表処(台湾駐日本大使館に相当)政務部 三等書記官
  • 2004〜2006 日本 台北駐日経済文化代表処 政務部 二等書記官
  • 2006〜2007 台湾 外交部 国際組織(機関)局 二等書記官(APEC政務担当官)
  • 2007〜2008 台湾 外交部 国際条約局 地球環境科 科長
  • 2008〜2009 台湾 外交部 国際条約局 第三科 科長(担当業務:輸出管理、国際法関連)
  • 2010〜2013 日本 台北駐日経済文化代表処 政務部 一等書記官
  • 2013〜2016 日本 台北駐日経済文化代表処 政務部 次長
  • 2016〜2017 台湾 外交部 アジア太平洋局 副参事官
  • 2018年1月1日 退官

■業績:

  • 2003 台湾が日本政府主導の国連電子地図(Global Mapping)に関する国際機関に参加
  • 2005 バーゼル国際条約に関する協定(廃棄物移動に関する台湾と日本政府の政府間協定)
  • 2005 台湾と日本の環境省会議を創設
  • 2006 台湾が國連のスヴァールバル世界種子貯蔵庫(Seed Vault)に参加
  • 2007 台湾が日本主導のセンチネル・アジア(Sentinel Asia)地球観測衛星國際機関に参加
  • 2012 台湾と日本の政府間「原子力技術に関する協力協定」を調印
  • 2013 台湾と日本の政府間「防災に関する協力協定」を調印
  • 2014 台湾と日本の政府間「サイバーセキュリティに関する実質協力関係」を結ぶ
  • 2015 台湾と日本の政府間「高速鉄道技術が第三国へ輸出に関する実質協力関係」を結ぶ
  • 2015 台湾と日本の医師会の間「災害時における救援活動に関する協定」を調印
  • 2015 自らの推進で、日本防衛省は初めて日本防衛産業が台湾の國際防衛装備展示会への参加を認める

■主な交渉経歴:

  • 2010 アジア太平洋経済協力(APEC)横浜サミット交渉官
  • 2011 東日本大震災 調整交渉官
  • 2015 台湾と日本の漁業交渉官