mtes Neural Networks
台湾のブロックチェーン大手DTCO社との連携を強化、海外事業を推進
~街の安心・安全を見守るIoTプロジェクト「CitiOS」に技術提供~

IoT(モノのインターネット)技術開発のmtes Neural Networks株式会社(エムテス ニューラル ネットワークス、所在地:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:原田 隆朗、以下、mtesNN)は、台湾のブロックチェーン企業Digital Treasury Corporation(所在地:台湾台北市、代表者:CEO ジェイコブ・リー、以下、DTCO社)との連携を強化し海外事業を推進します。mtesNNは、DTCO社と2018年3月6日にブロックチェーン技術提供に関して基本合意しました。同年12月13日には両社が共同で、IoTシステムで見守るプロジェクト「CitiOS(シティオーエス)」を立ち上げることを基本合意しました。mtesNNは海外事業推進の一環として、2019年1月に「CitiOS」に技術提供します。

■「CitiOS 」は最先端の技術で社会課題を克服するプロジェクト

「CitiOS 」プロジェクトの理念は、同プロジェクトに参加する企業のブロックチェーンやIoT、人工知能(AI)といった最先端の技術で社会課題を克服することを目指します。これらを活用して環境エネルギー問題を解決し、地域紛争をなくし、安心して安全に暮らせる社会の実現を目指します。そして、誰もが公平・公正にネットワークを利用し、富を生み出せる社会を実現することです。
そのために、DTCO社のブロックチェーン技術、mtesNNのIoTとAI技術と親和性の高い企業を世界中から募ります。各社の技術を集約して、大都市だけでなく地方都市の安心・安全を確保するサービスを提供します。

■mtesNNの独自アルゴリズムをもとに開発した製品、アジアを皮切りに海外展開

mtesNNは、オープンイノベーションの一環でDTCO社だけでなく、複数の海外企業と提携して独自のソリューション開発を進めています。半導体ソリューションの米国クイックロジック、温度差発電の米国マトリックスインダストリーズ、通信ソリューション大手の台湾エディマックスなどです。独自のアルゴリズムをもとに開発した製品として、「構造ヘルスモニタリングシステム(以下、SHM)」と「AIマキビシカメラ&アルカス防犯・街路灯(以下、AIカメラ防犯・街路灯)」などがあります。SHMは、温湿度を計測するだけでなく、加速度センサーによる構造物の傾きをリアルタイムで検知します。AIカメラ防犯・街路灯は、太陽光発電と蓄電池で電源の必要ないLED照明を搭載しています。同時にLoRa通信で高画質画像の送信が可能なAIカメラも搭載した防災・防犯システムです。「CitiOS」プロジェクトでは、建物や橋梁などの老朽化が課題となっている地域へはSHMを提案します。電源確保やインターネット環境が劣悪な場所には、AIカメラ防犯・街路灯を提案する予定です。

両社は、mtesNNのSHMとAIカメラ防犯・街路灯を海外展開します。例えば街路灯の市場は、今後世界で3億6千万本がLED化されるという市場調査もあります。AIカメラ防犯・街路灯は、電源やネットワーク環境の劣悪な場所への設置が可能なことから、2倍以上の需要があると予想しています。
今後は、その他の協力企業の技術やサービスを組み合わせて、セキュリティー性の高いIoT、AIシステムを活用したサービスをアジア各国を皮切りに展開していく予定です。