MTESとスリーエス、IoT LED照明事業で業務提携
屋外スポーツ施設のLED照明にIoTを活用して省力化を実現
〜導入費用を半分程度に抑制、LED照明化から更に3割の節電も可能〜

MTES株式会社(所在地:東京都中央区、代表者:代表取締役社長 原田 隆朗、以下MTES)と株式会社スリーエスは、(所在地:東京都中央区、代表者:代表取締役 島崎 宗久 以下、スリーエス)は、共同でIoT (モノのインタンーネット)LED照明システム(以下、本システム)を開発し、販売するために2017年12月1日に業務提携しました。スリーエスが得意分野とする屋外スポー施設向けLED照明に、MTESの自動調光IoTシステムを装備することで消費電力の削減を実現します。防犯や鳥獣被害対策としての監視カメラや温湿度センサーが設置できるなど、拡張性を持ったLED照明設備として2018年2月1日に発売します。

■LED照明の導入費用約3億円、明かりの広がりや眩しさへの対策などが導入障壁

これまで、ゴルフ場などの屋外スポーツ施設の照明は、水銀灯」や「メタルハライドランプ」が一般的に使用されていましたが、「水銀による水俣条約」の発効や温室効果ガスや消費電力の削減を目的に、「上がり3ホール」だけでもLED照明を導入したいという施設が増えています。
しかし、施設運営会社がゴルフ場18ホールを全てLED照明に切り替えるとなると、約3億円という高額な導入費用を負担しなければなりません。LED照明の特性である直線的な明かりの広がり方や眩しさへの対策なども必要です。これらが導入障壁となり、全国のナイター設備のあるゴルフ場60コースでLED照明化できている施設は7コースと全体の11%程度に留まっています。

■防犯や鳥獣被害対策としての監視カメラや温湿度センサーの設置など拡張性を装備

スリーエスは、独自のレンズ技術や反射技術を用いてLED照明の導入費用や光の広がり、眩しさといった課題を解決します。これまでに「昭和の森ゴルフコース」など18ホールあるゴルフ場で7施設の導入実績があります。
MTESは、通信方式LoRaプライベートに独自のセキュリティー技術や接続の堅牢性を維持する技術を有しており、商業施設の「自動エネルギーマネジメンシステム」や介護施設利用者の「見守りシステム」の導入実績があります。

本システムを採用することで18ホールでの導入費用を1〜1.5億円程度に抑えることができ、LED照明化することで節電したよりも更に3割程度の節電が可能です。また、拡張機能として、監視カメラや温湿度センサーを組み合わせることが可能で、防犯や鳥獣被害対策として活用したり、ゴルフ場利用者へ温湿度情報を提供したりできます。
両社は、これまでの引き合いと併せて、ゴルフ場に限らずナイター設備のあるスポーツ施設を中心に、初年度で20億円の売り上げを目指します。

*LoRa
LoRaは、極力消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信規格「LPWA(Low Power Wide Area)」の一種で、920MHz帯を利用した規格。