FUN to FUNセミナーレポート

当社は5月23日(水)、「外国人財の雇用について何も知らない人でも分かる講座」を開催しました。会場は当社本社が入るKDX秋葉原ビルの5階(千代田区岩本町)。

食品製造業をはじめ、飲食業やIT関連事業者などから50人を超える参加者が集いました。参加は企業だけでなく、司法書士事務所や専門学校からもありました。

プログラムは3部構成で3人の講師が務め、外国人財の雇用に関して、それぞれ専門の立場から基本的な内容を分かりやすく説明しました。

第1部では、当社代表取締役であり、NPO法人世界人材育成機構の専務理事も務める櫻木亮平が講師を務めました。日本国内外における外国人財の具体的な採用方法を、当社の事例を交えながら丁寧に説明しました。続く第2部では、行政法人A.I.グローバル代表社員の窪田雅之氏が就労ビザに関する基礎知識をはじめ、採用時やビザ申請時の注意点などを詳細な資料を示しながら解説しました。

最後の第3部は「受け入れと教育について」と題する、一般社団法人キャリアマネジメント研究所の代表理事である千葉 祐大氏の講演でした。千葉氏は、まず参加者に企業のグローバル化が意味することや日本で働く外国人の三大不満など、われわれを取り巻く環境がどうなっているのか、現状に対する理解を深めさせてくれました。その上で外国人財の受け入れに必要なポイントを五つ挙げました。理念の明示や人材の適正配置、教育研修の重要性に触れながら、キャリア育成やコミュニケーションの仕組みを構築することの大切さを熱心に語りました。最後に外国人財を受け入れるに当たって、「無理だ」ではなく「私はできる」との心構えが欠かせないと訴えました。

14時に始まった本セミナーもあっという間に2時間が経ち、盛況のうち終了しました。参加者からは「外国人の採用について、知識を深めることができた」「初めて聞くことや求人の対象人財の拡大に対する知見を広げられ、非常に有意義だった」などの声が寄せられました。

次回開催のセミナーについても当社プレスルーム上で報告します。

この記事に関して